逆引きPython

リストを参照したい

更新日:

概要

Pythonには複数の要素を含むデータの扱いとしてリスト型やタプル型、辞書型など多数用意されています。ここではリスト型での参照方法について説明します。

リストの参照方法-直接指定

変数[index]

説明:リストを参照するにはインデックスを指定します。インデックスは0開始となり、1番目の要素のインデックスは0、2番目の要素のインデックスは1となります。最後の要素のインデックスが分からないという場合は-1を指定することで参照することもできます。-1で参照することをネガティブインデックスと呼びます。

先頭のインデックスを参照

中間のインデックスを参照

最終のインデックスを参照

ネガティブインデックスを用いて次のようにも参照することが出来ます。

リストの参照方法-範囲指定

変数[開始Index:終了Index:ステップ]

説明:リストの要素を切り出すためには開始インデックス、終了インデックス、ステップを指定します。省略することも可能です。開始インデックスの要素から終了インデックス要素の直前まで切り出すことが出来ます。

開始、終了、ステップ指定

開始インデックスのみ指定

終了インデックスのみ指定

ステップのみ指定

 

-逆引きPython
-,

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2020 All Rights Reserved.