OpenCV

OpenCVにて2値化を行ってみる

投稿日:

OpenCVにて2値化を行ってみる

OpenCV(オープンシーヴィ)とはインテルが開発・公開したオープンソースの画像処理ライブラリとなります。ここでは画像の2値化について説明します。2値化とは黒、白の単原色の2つの色で描画されることです。

ソースコード

事前準備としてカラー画像をモノクロに変換します。

モノクロに表示されました。この画像を用いて2値化を行っていきます。2値化の方法にはOTSU、しきい値を設定する、adaptiveThresholdを用いる方法があります。しきい値とはその値より小さい場合は0、その値より大きい場合は1などの基準となる値となります。

OTSUを用いて2値化を行う

cv2.threshold(img,0,255,cv2.THRESH_OTSU)のように記載することでOTSUに変換することができます。この際のしきい値はretに格納されています。

しきい値を設定する

直接、しきい値を設定することで任意に変化することができます。

adaptiveThresholdを用いる

しきい値の設定やOTSUとは異なる形態の白黒画像を表示することが出来ました。

-OpenCV
-

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2019 All Rights Reserved.