逆引きPython

Pythonのlistで使用できる関数一覧

投稿日:

Pythonのlistで使用できる関数一覧

PythonのListは次の関数を使用することが出来ます。

  • append
  • clear
  • copy
  • count
  • extend
  • index
  • insert
  • pop
  • remove
  • reverse
  • sort

この一覧についてはhelp(list)とすることで確認することが出来ます。

append

オブジェクトをリストの最後に追加します。

リストオブジェクト.append(要素)

リストに1,2,3が入っているとします。このリストに対して要素に4を追加しています。最終的には要素は1,2,3,4となります。

clear

リストをクリアします。

リストオブジェクト.clear()

リストに1,2,3が入っているとします。このリストをクリアすることで空のリスト[]となります。

copy

リストをコピーします。

コピー先リストオブジェクト = コピー元リストオブジェクト.copy()

リスト(list1)に1,2,3が入っているとします。このリストをコピーして新しいリスト(list2)を作成しています。新しいリスト(list2)は元々のリスト(list1)と同じ1,2,3が格納されています。

count

リストの各要素の出現個数をカウントします。

リストオブジェクト.count(要素)

リスト(list)に1, 2, 3, 4, 5, 4, 3, 2, 1が入っているとします。ここで1の数をカウントしています。1の数は2つあることから結果として2が出力されています。

extend

リストの最後に別のリストの要素を追加します

リストオブジェクト.extend(要素)

リスト(list1)に1, 2, 3, 4が入っているとします。また、別なリスト(list2)に5, 6, 7, 8が入っているとします。元々のリスト(list1)に別なリスト(list2)の要素を加えることで、元々のリスト(list1)は1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8となります。

index

リストの要素のインデックスが何番目に格納されているかを取得します。

リストオブジェクト.index(要素)

リスト(list)に1, 2, 3, 4が入っているとします。数値の3が入っているインデックスを計算していますインデックスは0始まりなので、左から0,1,2・・となり数値の3は2番目のインデックスに格納されていることが分かります。

リストオブジェクト.index(要素,検索開始位置)

インデックスを検索したい数値が複数ある場合の例です。開始位置が5番目のインデックスから開始して1という数値のインデックスを探しています。

開始位置を指定しなかった場合は、初めに見つかったインデックスを返すのでlist.index(1)とした場合は0と出力されます。

例では開始位置は5番目のインデックスから開始という条件を指定しているので、5番目のインデックスから開始して初めに1という数値を検出したインデックス 6を出力しています。

insert

新しい要素を指定の位置に挿入します。

リストオブジェクト.insert(インデックス, 要素)

リスト(list)に1, 2, 3, 4が入っているとします。そのリストのインデックス1番目に10という要素を追加しています。最終的には1, 10, 2, 3, 4というリストとなります。

pop

リストの最終要素またはインデックスを指定して削除します。

リストオブジェクト.pop()

リスト(list)に1, 2, 3, 4が入っているとします。pop()でインデックスを指定しない場合は最後の要素が削除されます。最終的には1, 2, 3というリストとなります。

リストオブジェクト.pop(インデックス)

popにインデックスを指定した例です。リスト(list1)に1, 2, 3, 4が入っているとします。pop(1)と指定していることからインデックス1番目を指定しています。

インデックス1番目は数値の2となるので、最終的には1, 3, 4というリストとなります。

remove

リストの要素を削除します。

リストオブジェクト.remove(要素)

リスト(list)に1, 2, 3, 4が入っているとします。要素として2を削除しています。最終的には1, 3, 4というリストになります。

reverse

リストを逆順にしてソートします。

リストオブジェクト.reverse()

リスト(list)に1, 2, 3, 4が入っているとします。逆順にソートすることで4, 3, 2, 1というリストになります。

sort

リストを正順にしてソートします。

リストオブジェクト.sort()

リスト(list)に4, 3, 2, 1が入っているとします。正順にソートすることで1, 2, 3, 4というリストになります。

-逆引きPython
-,

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2019 All Rights Reserved.