環境構築

Amazon AWS(EC2)でのFlask環境の作成方法

更新日:

Amazon AWS(EC2)でのFlask環境の作成方法

Amazon AWS(EC2)でのFlask環境を構築します。

Flaskとは

FlaskとはPython用の軽量なウェブアプリケーションフレームワークです。
Python言語をベースとしたウェブアプリケーションを作成することができます。

使用する環境

  • Amazon AWS(EC2)
  • Amazon Linux AMI 2018.03.0 (HVM), SSD Volume Type
  • Python 3.x
  • Python 仮想環境管理(venv)

Amazon AWS(EC2)での無料利用枠で使用できるt2.microを使用して環境を構築します。

Amazon Linuxのインスタンス生成を行う

Amazon AWS(EC2)でAmazon Linuxのインスタンスの生成を行います。インスタンスタイプはAWS無料利用枠で使用できるt2.microを使用します。

ステップ 1: Amazon マシンイメージ (AMI)

Amazon Linux AMI 2018.03.0 (HVM), SSD Volume Typeを選択します。

Amazon マシンイメージ (AMI)

ステップ 2: インスタンスタイプの選択

t2.microを選択します。

インスタンスタイプの選択

後は確認と作成ボタンを押しデフォルトで進めていきます。

Amazon AWS(EC2)の使い方については説明しませんので、詳しく知りたい方は別サイトで確認してください。

Amazon Linuxでのflask環境構築手順

作成したAmazon Linuxへログインを行い、以下のコマンドを入力していきます。

最新環境へのupdateを行う。

yumのupdateコマンドにてAmazon Linux環境の最新化を行います。Complete!と表示されたら成功です。

続いてpython3.x系のインストールを行います。途中でY/Nのコマンド入力を聞かれた時はYを入力してください。Complete!と表示されたら成功です。

>>>が出力されたらpython3のインストールは成功です。Ctl+zで抜けてください

Python仮想環境の作成

venvを使用してPython仮想環境を作成します。

Python仮想環境とはプロジェクトごとに独立した環境を仮想的に作成することです。インストールしたライブラリはそのプロジェクト内でしか使用出来なくなります。

使用するメリットとしては、Aというプロジェクトではflaskの古いバージョン、Bというプロジェクトでは新しいバージョンを使用するというように、プロジェクトごとに個別にライブラリをインストールすることが出来る点です。

これにより、別プロジェクトでインストールしたライブラリの影響を無くすことが出来ます。

[projectname]には作成したいプロジェクト名を入力します。例えばflaskというプロジェクト名の場合は、mkdir flaskと入力します。

Python仮想環境の有効化

作成したPython仮想環境を有効化します。([projectname])$ という形式で出力されたら成功です。

pipの最新化

pipが古い場合があるのでpipの最新化を行います。
--upgrade のオプションを使用することでpipの最新化を行うことができます。

flaskのインストール

pip install モジュール名でインストールすることが出来ます。flaskをインストールするため、pip install flaskと入力します。

flask以外のモジュールについても同様の手順でインストールすることができます。

また、pip freezeコマンドでPython仮想環境の中にインストールされているモジュールを確認することができます。

初回のpip freezeコマンドでは何もインストールされていないので何も表示されません。2回目のpip freezeコマンドではflaskがインストールされていることを確認してください。

2回目のpip freezeコマンドでflaskのインストールが出来ていることを確認できたら成功です。

Flaskを使用してHello World!と表示する

環境は整いましたので次にFlaskのコードを記載していきます。Hello World!と表示するコードを書いていきます。

Flaskでのコード作成

app.pyというファイルに以下のソースを記載します。

Flaskの実行

* Running on http://0.0.0.0:5000/ (Press CTRL+C to quit)

このようなメッセージが出力された場合は成功です。ポートの5000番で待ち合わせています(flaskのデフォルトポート)。

flaskのデフォルトポートは変更することが可能です。

セキュリティグループの変更

Amazon Linuxでのセキュリティグループの追加を行います。初期設定ではsshしか許容されていないので5000番を追加します。

セキュリティグループの追加

http://IPアドレス:5000
と入力することで以下のようなWEBサイトが表示されたら成功です。

flask
IPアドレスはAmazon AWS(EC2)で作成したインスタンスの"IPv4 パブリック IP"に表示されています。

ターミナル上では次のようなメッセージが出力されているかと思います。
"GET / HTTP/1.1" 200

終了する場合はCtrl+cで終了することができます。

Python仮想環境の終了

Python仮想環境はdeactivateで終了することができます。

先ほどのFlaskはPython仮想環境内でインストールしているために、deactivateで終了した後は使用できなくなります。再度使用したい場合は、また有効化します。

以上の手順にてAmazon AWS(EC2)でのFlask環境を構築することができます。

Flask環境を使用することでPython言語で書かれたアプリケーションをそのままウェブアプリケーションとして載せ替えるようになります。

是非Flaskを活用してください。

-環境構築
-, ,

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2019 All Rights Reserved.