環境構築

PythonのWEBフレームワークDjangoを使用した環境構築

投稿日:

Django

PythonのWEBフレームワークDjangoを使用した環境構築

機械学習やAI(人工知能)は主にPythonやR言語を用いて作成されています。このサイトでもPythonを中心に書いていますが、ある程度、Pythonの書き方に慣れてきた場合、Webアプリケーションとして公開したくなってくるものです。

そこで今回は、Webアプリケーションフレームワークの一つであるDjango(ジャンゴ)を用いてWebサーバーを構築していきます。他の有名どころのWebアプリケーションフレームワークとしてRuby on Railsなどがありますが、Djangoの特徴としてPythonで書かれているため、そのままPythonで作成したプログラムを動かすことが出来ます

本サイトではDjango(ジャンゴ)のインストールから、ローカルPCでのHello Worldの出力までを解説します。

使用環境

今回はwindowsを使用していきます。Djangoは1系、2系があります。最新の2系を使用して環境構築を行います。

  • Windows10
  • Django(2.1.2)
  • Python3.6.5

Pythonはすでにインストールしている前提とします。pythonのインストールが出来ていない場合は先にインストールしておいて下さい。

Djangoのインストール方法

コマンドプロンプトで「pip install django」を実行します。
または Anacondaを使用している場合は「conda install django」を実行します。

PIPを使用してインストールする場合

Anadondaを使用してインストールする場合

「y/n」の選択が求められた場合はyを選択してください。必要なパッケージがインストールされます。

Djangoのインストール確認とバージョン確認

実際にDjangoがインストールされているか確認します。

コマンドプロンプトで「python」を実行します。Pythonの対話モードに切り替わるため、インストールが正常に行われているかバージョンを確認します。

Djangoのインストールが成功している場合はバージョンが出力されます。(2.1.2がバージョン情報)

次から実際にDjangoを用いてWebアプリケーションの環境を構築していきます。

Djangoを用いたWebアプリケーションの環境構築方法

Djangoを用いてWebアプリケーションを作成していきます。

プロジェクトとアプリケーションを作成する必要があります。

今回作成するプロジェクト名、アプリケーション名

  • プロジェクト名:MyProject
  • アプリケーション名:Myapp

別のプロジェクト名やアプリケーション名を使用したい場合は適時読み替えてください

Djangoはプロジェクトとアプリケーションがあり、プロジェクトとはデータベースの設定や Django固有のオプションを設定することができ、アプリケーションではアプリケーション固有の設定が出来ます。

プロジェクトの作成方法

作成したいディレクトリに移動し、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

次のようなディレクトリが作成されます。

プロジェクトの作成段階での実行

ここまでうまくいっているか確認してみましょう。作成したプロジェクト名のディレクトリ内に移動し、Djangoを起動します。

Djangoの起動は「python manage.py runserver」で実行することが出来ます。

URLに「http://127.0.0.1:8000/」を入力し起動してみましょう。次のようなWEBサイトが表示されたら成功です。

DjangoEnglish

ただ、このままだと英語表記になっているので日本語設定にしてきます。

MyProjectディレクトリの中のファイルを修正していきます。

日本語設定への変更

言語設定を英語から日本語、タイムゾーンについてもUTCから東京に変更しています。

先ほどと同じように「http://127.0.0.1:8000/」のURLを更新してみましょう。

次のような画面になっていたら言語の変更は成功です。

DjangoJapanese

もし、サーバーが止まっていたりうまく反映されない場合は再度「python manage.py runserver」で実行してください。続いて、アプリケーションを作成します。

アプリケーションの作成方法

MyProjectディレクトリに移動し、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

まだ、サーバーが起動している場合は「CTL+C」で起動を停止してください。

次のようなディレクトリが作成されます。

 

プロジェクト設定ファイルの変更

追加したアプリケーションをプロジェクトに登録するため、プロジェクトの設定ファイルを変更します。また、URLを指定した場合に追加したアプリケーションのWEBサイトを表示するようにURLの設定についても変更します。

プロジェクトのディレクトリ「MyProject」配下のファイルを更新します

Myappディレクトリ内のapps.pyに記載しているMyappConfigというClass名を登録しています。実際に存在するか確認してください。

続いてURLの変更をしていきます。

「http://127.0.0.1:8000/Myapp」とURLを指定した場合にアプリケーションで管理しているディレクトリ(Myapp)のURLを参照できるようになります。

続いてアプリケーション設定ファイルの変更を行っていきます。

アプリケーション設定ファイルの変更

アプリケーションのディレクトリ「Myapp」配下のファイルを更新します

Myappディレクトリに以下のファイルを追加してください

  • urls.py

次のようなコードを記述します。

「http://127.0.0.1:8000/Myapp」とURLを指定した場合、views.pyのindex関数を起動するようにしています。

views.pyを以下のように書き換えてください。index関数を作成しています。

 

HTTP Requestを受信した場合、「Hello,world」という文字列をResponseで返却しています。

以上でアプリケーション設定ファイルの変更は完了です。

実際に起動して見ましょう。

ローカルPCでのHello Worldの出力

「python manage.py runserver」コマンドでDjangoの起動を行います。

「http://127.0.0.1:8000/Myapp」とURLを指定してください。以下のWEBサイトが表示できたら成功です。

HelloWorld

-環境構築
-, ,

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2019 All Rights Reserved.