環境構築

Amazon AWS(EC2)でのMySQLの操作方法

更新日:

Amazon AWS(EC2)でのMySQLの操作方法

前回、Amazon AWS(EC2)でのMySQLインストール方法という内容でMYSQLをインストールしました。

Amazon AWS(EC2)でのMySQLインストール方法

今回は実際にMySQLを操作していきます。

簡単なテーブルを作成し、テーブルの追加、削除などのSQLを行っていきます。

MySQLの設定内容

次のような内容で設定を行っていきます。適時読み替えてください。

データベース名:db
ユーザー名:username
パスワード:password
テーブル名:sample

MySQLの操作方法

テーブルの作成

MySQLにログインを行います。次にパスワードを求められます。

インストール時に設定したパスワードを入力してください。

成功するとmysql>と表示されます。

続いてデータベースの作成を行います。

ここではデータベースの名前をdbとします。下記のメッセージが出力されたら成功です。Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

データベースに入るための権限の設定を行います。

ここではユーザー名:username、パスワード:passwordとします。

実際に運用するユーザ名、パスワードを設定して下さい。

show databasesコマンドにてデータベースの一覧について確認します。先ほど作成したdbが入っているかと思います。

次に作成したdbというデータベースに切り替えます。
Database changedと表示されたら成功です。

データベースの中にあるテーブルの一覧を表示します。
まだ作成していないので空を示すメッセージが出力されます。

テーブルを作成します。テーブル名はsampleとします。
以下のようなテーブルを作成していきます。

  • ID(プライマリキー)
  • name(文字列可変長)
  • age(数値)
テーブルの表示を行います。先ほど作成したsampleというテーブルが表示されています。
sampleのテーブルの中身を確認しています。id,name,ageが設定されています。

テーブルの操作

テーブルに2件追加します。taro(50)とHanako(20)を追加しています。
sampleテーブルの中身を確認します。先ほど登録したtaroとHanakoが表示されています。
ageが50と一致するデータを削除しています。age=50と合致するのはtaroとなります。
再度、sampleテーブルの中身を確認します。taroは消されたため、Hanakoのみになっています。
テーブルそのものを削除します。これでテーブルは削除されました。
show tablesで確認しても残っていません。

ここまで簡単なMySQLの操作を説明しました。次回はPythonから直接コードを記載していきます。

-環境構築
-, ,

Copyright© AI人工知能テクノロジー , 2019 All Rights Reserved.